スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝【感想】


いいお天気のGWでしたね。ああ、あと一日で終わってまう・・(涙)


龍馬伝、スタートからずっと観ておりましたが
武田鉄也さんの勝海舟が出てきてから、もう笑えて笑えて・・最高です。

篤姫や天地人も観てましたが、龍馬伝もしっかり観てます。

なお、

私は大河で歴史を学んでます・・ゆえに

脚色されて認識しており;浅く狭い知識です。

サムライ男子
(大河っぽい瀬七; ちなみにプチコミから続いてる描いた枚数464枚目)


勝海舟といえば、北大路さん(篤姫影響)のイメージでしたが

武田鉄也さんの勝海舟、最高です。先生って雰囲気がピッタリ。

「攘夷」の意味も、「軍艦」を持つ意味も

勝と龍馬が話をしているシーンで、私は大納得しました。

あー・・だから軍艦、軍艦と騒いでたんだなって(今更;)



勝に会ってから、龍馬が本当にイキイキしてます。

勝は、ずっと探していた「生きる道しるべ」となるヒトなのかもしれない。

龍馬のひとつひとつの問いも
勝だから応えられるんだなあ と観てて伝わってきます。

そして、

応えてくれるひとに出会えた喜びであふれている龍馬に

よかったねえ すごいねえ よかったねえ と繰り返しいってあげたくなる。


土佐と江戸を行き来しつつ、葛藤し模索していた龍馬にとって

勝は、「夜明け」のような存在だったんでしょうね。

(実際、世の中は混沌としてる時代だけど;)



この世のどっかに、求めるベクトルを持つヒトが必ずいる


こんな「運命的」な言葉で言いたくなるような・・

龍馬にとって勝との出会いは

衝撃的な出会いだったんだと この大河で感じました。



勝が海外へ渡った際に、何を学んだか を龍馬に語るシーンで

こんなことを勝海舟は言ったんです。


「俺は日本人であることを知った 日本人なんだと。」

つまり

日本の良さ、日本の足りないところ、そういうのを肌で感じた と。

((*;ΦωΦ)ノ ヒイィィィ!!!!勝先生!!ワタスも同じですたい!!

ずーっとこう思っていながら、なんか自分で表現できずにいた、

海外に行った時の 想い 。

「俺は日本人であることを知った 日本人なんだと。」

まさに勝先生のおっしゃる通りでございます((((;゚;Д;゚;))))


龍馬が咸臨丸(軍艦)に乗ったときに大興奮して

「日本人じゃー!日本人じゃー!」と はしゃぎ感動して叫んでいたキモチが

すごくよくわかります!いまの私にはわかるばい!!

あの脚本書いてるひと、すごかばい━━。゚(。ノωヽ。)゚。━━オオオ!!!


だって、

あの場で、私も 龍馬と万歳しながら「日本人じゃー!」と叫びたかったもの(笑)

(録画で見直した時、たまらずテレビの前で叫びましたが;危険)



なんか今日は長くなりましたが、

「龍馬伝」もたっぷり楽しませていただいてます♪

もうこれだけ感情移入させられてるあたり、

今回の制作の狙いである「すぐ隣に居そうな雰囲気の龍馬」

というのは、大当たりです・・・私にとっては。


ありがとん

 

 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。